審美的歯科治療|徹底した検査で予防ケアを行なう奈良市の渡辺歯科医院

0742-46-1760

ご予約はお電話で
土曜診療あり

ホワイトニング

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、着色した歯を輝くような白さに仕上げるための審美的歯科治療です。タバコのヤニやお茶などのステインによる歯の表面の着色は、クリーニングなどで除去できます。しかし、歯の内部に関わる黄ばみはクリーニングで白くできません。
ホワイトニングでは、特殊な薬剤を歯に塗って白くしていきます。このホワイトニング剤は過酸化水素水や尿素を主成分としており、一定温度になって発生した酸素が歯の着色を分解するという仕組みになっています。
当院で用意しているホワイトニングは2種類あります。ひとつは、ご自身で好きな時間に薬剤を塗って白くしていくホームホワイトニングで、もうひとつは歯科医院で治療を受けるオフィスホワイトニングとなります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、患者さまにホワイトニング剤と専用のトレー(マウスピースのように口にはめるもの)をお渡しし、自宅でホワイトニングを行なうという治療法です。まず、患者さまから取った歯型よりトレーを作製し、ホワイトニング剤と一緒にお渡しします。ご自宅でホワイトニングをする際は、ホワイトニング剤を注入したトレーを歯に装着し、就寝中に歯に作用させていきます。すぐに歯の白さを実感できるわけではありませんが、およそ1~2週間の間に白くなっていきます。また、後戻りしにくいというメリットもあります。
「普段忙しく通院する時間がない」「好きなタイミングでホワイトニングをしたい」という方におすすめです。

顎トレー作製・ホワイトニングジェル・歯のクリーニング、およびフッ素塗布、その他のメインテナンス
・片顎 ¥21,600(上顎もしくは下顎のいずれか一方)
・上下顎 ¥37,800

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

歯科医院で行なうホワイトニングです。オフィスホワイトニングでは濃度の高いホワイトニング剤を使用するほか、特殊なライトを使用するので、1回の治療でも歯の白さを実感できます。1~3回という少ない通院回数で、理想的な白さになります。担当のスタッフが治療をするので細かく歯の白さを調整できるうえ、白さにムラが出る心配がありません。近日中に大事な商談やイベントの出席などを控えている方におすすめです。
すぐに効果が現れるオフィスホワイトニングですが、後戻りしやすいというデメリットがあるほか、ホームホワイトニングに比べて価格が高くなる傾向にあります。また、ホワイトニング剤の濃度が高いため歯がしみる場合もありますが、すぐに対処するのでご安心ください。

補綴

オールセラミック

オールセラミック

透明感のある白さが特徴のセラミックという素材で作られています。天然歯のように美しい見た目で、患者さまの歯に色調を合わせると自然な歯列になります。保険診療の白い素材であるプラスチックは着色しやすいという難点がありますが、セラミックは着色にも強いので、長く使っていても変色する心配がありません。歯石や汚れが付着しても、クリーニングによって元の色に戻ります。
こうした見た目の問題をクリアできるだけでなく、機能性にもメリットがあります。オールセラミックは非金属製なので、金属アレルギーがある方、または疑われる方が安心して使えます。また、歯肉との親和性が高いためしっかり密着し、接着したところから虫歯になるリスクを下げられます。また、劣化にも強く、長い期間使えます。

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミック

ジルコニアは白い素材ながら、ダイヤモンドに近い硬さをもつという大きな特徴があります。セラミックと比べても10倍以上の強度があり、負荷の強い歯にも適用できて長持ちします。こうした強度の高さにより被せ物を薄く作ることができ、土台となる天然歯を削る厚さが0.5mmほどで済みます。歯の表面を守るエナメル質が残り、二次的な虫歯になりにくくします。また、ジルコニアは非金属製です。金属アレルギーをおもちの方でも安心して使用でき、変色や劣化による変質の心配がほとんどありません。
白い素材とはいえオールセラミックほどの透明感はありませんが、耐久性が高く、ある程度の審美性を確保したいという患者さまにおすすめです。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

主に前歯の間にできる隙間や形の悪い前歯を目立たないようにするのが、ラミネートベニアです。セラミックで作られた薄いつけ爪のような形状をしていて、歯の表面に貼り付けて形をきれいに見せられます。また、セラミックは透明感があり光を通すので、天然歯のように自然な仕上がりになります。さらに、色調の調整も可能です。貼り付ける際に歯の表面を削りますが、わずかな量で済みます。金属アレルギーの心配もありません。
ラミネートベニアは強力に接着するので簡単には剥がれませんが、噛む力が強かったり歯ぎしりの癖があったりすると、割れてしまうおそれがあります。このほか、加齢などにより歯肉が萎縮した場合は、見た目に違和感が出る場合があります。こうしたケースでは再治療が必要になります。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

一般的な部分入れ歯は、人工歯を載せている床(しょう)と、これらを歯に固定するためのクラスプという金属製の留め具で構成されています。このクラスプが目立ってしまうので、審美性が損なわれていました。
ノンクラスプデンチャーは、その名のとおりクラスプを使わない部分入れ歯です。床の範囲を広げて歯肉を覆うようにして固定するため、目立ちません。床として使用している樹脂は弾性があって壊れにくいので、薄く作れます。そのため、装着したときの違和感を軽減できます。また、金属アレルギーが心配な方も安心してご利用できます。
ただし、残っている歯の状態によってはノンクラスプデンチャーが適用できない場合があります。また、破損しにくい素材ではありますが補修ができないため、壊れたときは作り直す必要があります。

渡辺歯科医院 奈良市