矯正歯科|徹底した検査で予防ケアを行なう奈良市の渡辺歯科医院

0742-46-1760

ご予約はお電話で
土曜診療あり

矯正歯科

矯正歯科治療とは

矯正歯科治療とは

歯がきれいに並ぶだけでは「正しい歯並び」とはいえません。上下の歯が適切に噛み合い、食べ物をしっかり噛めて顎に余計な負担がかからない状態になり、はじめて良い歯並びになります。歯並びの改善は、虫歯や歯周病を発症しにくくなるという意味でも健康維持に貢献します。矯正歯科治療では、歯の正しい噛み合わせを前提に行ない、見た目もきれいにしていきます。
矯正歯科治療は、早期にはじめた方が良いケースもあります。子供の歯並びが気になったら、早めにご相談ください。治療を開始するのに適切な時期について説明します。子供は顎の成長をコントロールしながら矯正できるので、非抜歯の可能性が高くなります。もちろん、大人の方でも矯正歯科治療を受けられます。初診相談は無料ですので、お気軽にお越しください。

歯並びの種類

歯並びの種類
叢生(そうせい)

顎が小さい、または歯の幅が広いために歯の並ぶスペースが足りず、デコボコに生えている。乱ぐい歯、八重歯。

空隙歯列弓(くうげきしれつきゅう)

顎が大きい、または歯の幅が狭いため、歯と歯の間に隙間ができている。すきっ歯。

過蓋咬合(かがいこうごう)

下の歯列が見えなくなるほど噛み合わせが深い。

切端咬合(せったんこうごう)

上下の前歯が先端で噛み合う。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上の前歯、または上の歯列全体が前方に突出している。出っ歯。

開咬(かいこう)

口を閉じていても上下の歯の間に隙間ができてしまう。

下顎前突(かがくぜんとつ)

下の前歯が上の前歯よりも前に出ている。受け口、反対咬合。

矯正治療の流れ

矯正治療の流れ
1.初診相談 [相談は無料です]

問診表をもとにお話を伺うほか、視診もしながら診察します。

2.治療開始、精密検査

矯正治療をはじめることになったら、まずは精密検査をします。
歯やお顔の外観の撮影、レントゲン撮影を行ないます。また、歯型の模型も作製し、治療を計画するための情報を集めます。

3.矯正診断

精密検査で得られた情報をもとに診断し、治療計画を立てます。治療法のほか、治療期間や価格について患者さまに説明します。

4.治療開始

矯正治療は、歯を動かす動的治療と、動いた歯を保定するための静的治療に分かれます。
【動的治療】
治療計画に沿って矯正装置を用意し、歯を動かしていきます。正常な噛み合わせになってきたら、最終段階で仕上げます。

【静的治療】
矯正装置を外して保定装置をつけ、動かした歯が後戻りしないようにします。保定期間には個人差がありますが、およそ2年となります。

歯列矯正用咬合誘導装置

歯列矯正用咬合誘導装置

歯列矯正用咬合誘導装置は、子供の反対咬合(受け口)を改善するための装置です。寝るときにお口の中にはめると舌やお口周りの筋肉が正しく機能するようになり、噛み合わせが良くなっていきます。顎骨の正常な成長が促成され、永久歯が正しく生えてくる可能性が上がります。
治療前は下の歯列が前突していたのが、歯列矯正用咬合誘導装置によって上の歯が下の歯に被さるようになります。また、お口の見た目も自然になり、しゃくれていた顎が改善されます。
治療期間には個人差があり、6ヵ月~1年くらいのケースが多く見られますが、お口の筋肉の機能を覚えるため、続けて使用する場合もあります。


・歯列矯正用咬合誘導装置(3歳からの受け口治療) ¥50,000

マウスピース型矯正装置による子供の一期治療

マウスピース型矯正装置による子供の一期治療

一期治療では、子供が成長期にあることを利用して顎骨の成長をコントロールし、骨格を整えます。顎骨を広げて歯がすべて並ぶためのスペースを作り、永久歯が正しい位置から生えてくるように誘導します。
当院では、こうした治療をスムーズに行なうために小児用マウスピース型矯正装置を採用しています。永久歯が混在している6~10歳前後の子供に使用し、顎の発育を調整しながら歯並びを整えるようにデザインされています。ワイヤー矯正のように口の中に装置があたる不快感がないので、子供が嫌がらずに矯正歯科治療を進められます。また、装置は透明なので装着したまま外出しても口元が目立ちません。

・一期治療(小児用マウスピース型矯正装置) ¥250,000
・二期治療(ワイヤー矯正) ¥500,000
・二期治療(マウスピース型矯正装置) ¥640,000
※一期治療後スタート時に精密検査料・診断料として¥120,000がかかります。
※上記に診断料・保定装置代は全て含まれております。

マウスピース型矯正装置を用いた治療

マウスピース型矯正装置を用いた治療

ご自身で取り外しが可能なマウスピース型の矯正装置を装着し、歯を動かしていく治療法です。
はじめに患者さまの歯型を取るほか、精密検査のデータからコンピューター上でシミュレーションします。これをもとに複数枚のマウスピース型の矯正装置を作製し、患者さまにお渡しします。マウスピース型の矯正装置は実際の歯型より少しずれており、装着すると歯に負荷がかかります。定期的に装置を取り替えて装着し、計画通りに歯を動かします。
この装置の厚さは0.5mmほどと薄く、しかも透明です。お口に装着したときに目立たず、そのまま外出しても口元が気になりません。また、食事や歯磨きなどのときは装置を取り外せます。


マウスピース型矯正装置 (期間:アライナー数により異なる)
¥350,000~¥950,000
※上記に診断料・保定装置代は全て含まれております。

渡辺歯科医院 奈良市