顎関節症|徹底した検査で予防ケアを行なう奈良市の渡辺歯科医院

0742-46-1760

ご予約はお電話で
土曜診療あり

顎関節症

顎関節症の治療法

顎関節症の治療法

顎関節症は、顎に関連するさまざまな症状を指しています。その中でも代表的な症状として「顎が痛い」「口が開かない」「顎を動かしたときに音がする」が挙げられます。命にかかわるようなことはありませんが、硬いものが食べにくくなったり、大きな食べ物をうまく食べられなくなったりすることがあるので、日常生活に支障が出るおそれがあります。また、顎関節症によって、肩こりや首の痛み、偏頭痛、腕のしびれといった全身症状につながる場合があり、注意が必要です。
顎関節症の治療では、スプリントやナイトガードといった、お口にはめる装置を使用します。こうした装置は顎関節を安定させるためのもので、偏った力が顎にかからないようにしていきます。

睡眠時無呼吸症候群の治療法

睡眠時無呼吸症候群の治療法

睡眠時無呼吸症候群は、眠っている間に何度も呼吸が止まってしまう状態を指します。睡眠が不充分なために日中に眠気が起こって居眠り運転につながったり、仕事の能率が低下したりするなど、日常生活にさまざまな支障をきたします。また、高血圧や不整脈、記憶力や思考力の低下といった、健康状態へ悪影響を及ぼす可能性もあります。
スリープスプリントと呼ばれる装置を眠るときに装着すると、下顎が少し前方に突き出るようなかっこうになります。これによって喉の気道が広がって、いびきや無呼吸の状態が改善されます。内科や耳鼻科などで睡眠時無呼吸症候群と診断され、スリープスプリント治療が必要と判断された場合、保険診療を適用したうえでスリープスプリントを作製します。

スポーツをする方向けの歯科診療

スポーツをする方向けの歯科診療

近年、マウスピースのようなものをつけているスポーツ選手を見かけるようになりました。実は、スポーツをするうえでお口の健康が重視されるようになっています。選手同士がぶつかったり、硬いボールが飛んだりするようなスポーツでは、歯の破折、顎の骨折、お口の中の粘膜のケガなどが起こる可能性があります。アメフトやボクシングなど、一部スポーツではマウスガードと呼ばれる装置の装着を義務付けられていますが、それ以外のスポーツでも転倒や接触のおそれがある場合は、マウスガードの装着をおすすめします。特にお口のケガのリスクが高いのが、矯正装置をつけている方や歯並びが悪い方です。マウスガードは患者さまに合わせて作製するので、違和感がほとんどなくスポーツを楽しめます。

¥21,600 (自費診療)

〒631-0012 奈良市中山町200番地の6

0742-46-1760

 
10:00~13:00 - - -
15:00~19:30 - - -

△…土曜は18時まで

診療項目:一般治療・矯正歯科・予防ケア・審美的歯科治療・顎関節症

渡辺歯科医院 奈良市